骨盤がすぐに歪みやすい人

 

骨盤矯正を受けると、体のコンディションが良くなります。

骨盤矯正を得意とする整体院がそこかしこに存在していることで、効果のほどは明白ですよね。

そんな、今や美容法の定番になっている骨盤矯正ですが、矯正してもすぐに歪みやすい人がいます。

それがO脚の人です。

O脚で左右の脚のねじれ差が大きいと、骨盤の歪みも大きくなるからです。

私も足を長くしたいと思い骨盤矯正に行ったらO脚気味だと言われた一人ですが、骨盤矯正してO脚が治ったら足が約6センチ伸びたほどなので、どちらかというと歪みやすいタイプだと思います。

今でも毎日、鏡の前に立ってみて正面向いて姿勢をチェックを欠かしません。

鏡の前に立ってみて、もしも片方の骨盤が前方に向いていたり、片方の骨盤が天井方向に傾いていたりすると、左右脚のねじれ差から骨盤を歪ませているそうです。

それは、左右の脚のねじれ差が片方の骨盤を前方や上方に向けるからです。

では、何度骨盤矯正をしてもすぐに戻ってしまう場合はどうしたらいいのか?

それには、左右の脚のねじれ差を少なくすること。

左右の脚のねじれ差がなくなるような体操やO脚解消ストレッチなどを行うことで、普段から骨盤の歪みを少なくしていくことができるそうです。

つまり、O脚を改善していく過程で骨盤の歪みも少なくなるということですね(*^-^*)

O脚だと胸が垂れる

 

O脚だと胸が垂れることをご存知ですか?

全身の骨は繋がっているわけだからどこかが歪めばそれが必ずなにかしかに影響を与えることは当たり前といえば当たり前ですが・・・私がそれを知ったときはすでに胸が垂れてしまっていたので、もっと早く知りたかったな~とショックでした(*_*)

ここでざっくりと、O脚で胸が垂れる理由を説明します。

骨盤が傾くと、それに連動してその上の背骨も傾きますよね。

中でも特に骨盤が後傾している人は、後ろに重心がかかります。

後ろに重心がかかったまま背筋が真っ直ぐに伸びていると、体が後方に倒れますよね?

すると、それを防ごうと自然に背中が丸くなる、つまり猫背になってしまうわけです。

もっと言うと、骨盤が後傾することで重心が後ろ側に向く、もしくは、重心が後ろで骨盤が後傾します。

このまま背筋が伸びると後ろに倒れますので.バランスをとろうと自然に背中が丸まって猫背の姿勢になるわけです。

猫背は癖になりますから、いつも背中を丸めている状態になります。

ところが、背中が丸くなると胸郭の部分が閉じるような格好になっていまいます。

それが原因で。バストの位置が本来よりも下にさがってしまうのだそうです。

さらには、O脚からポッコリお腹にもなってしまうそうです。

実際、O脚の人でポッコリお腹の人が多いらしいです。

私も下腹が出ていました。(ビールが好きなせいだと思っていました)

 

理屈としては、骨盤が緩んで横に広がるとお尻をしめる筋肉や太ももを内側に寄せる筋肉が使いにくくなることがきっかけみたいです。

この状態ですと、上半身の重さを受け止めることになってしまうので、お腹をしめる腹横筋も使いにくくなるのだそうです。

その結果、お腹をしめるベルト筋が緩んだままでポッコリお腹になってしまうのだとか。

O脚で猫背で垂れ乳でポッコリお腹だと、いくら細くて手足が長くても見た目が残念になってしまうのではないでしょうか(*_*)

顔がなまじ美人だと、そのギャップから残念な美人になってしまいそう。

やっぱり、骨盤&O脚の矯正は大切ですね。