○脚の原因

 

私はまさかのO脚でした。

モデルさんのように真っすぐではありませんでしたが、太ももの内側に肉がつかないタイプなんだろうなーぐらいの認識でした。

話戻しまして、O脚は日常の生活習慣の積み重ねで生じることが多いそうです。
そこで、シーン別にO脚になりやすい原因についてご紹介します。

O脚になりやすいのはこんなとき

O脚のタイプによって、1人1人のO脚の原因が違ってきます。

ですから、あなたのO脚はどのようにして生じたのかに焦点を当てて、理解を深めていくと良いでしょう。

私が読んだ本の中で一番理解しやすかったのは、関節内側ねじれと股関節外側ねじれのO脚に絞り込んだ説明でした。

 

▼座り方

まずは座り方です。
普段、ご自宅でくつろいでいる時にどんな座り方をしていますか?
内股になりやすい座り方は、横座りやペシヤンコ座りです。

ぺしゃんこ座りとは、このママのような座り方ですね。

もしも、同じ方向に横座りをする習慣があるのなら、片方の股関節の内側のねじれがきつくなります。

一方.ガニ股になりやすい座り方はあぐらです。あぐらは股関節を外側に向けるからです。

ここで大事なことは、あなたが内股であれば横座りやペシヤンコ座りで脚の内側ねじれをきつくしているということ。

外股であれば、あぐらをかくと脚の外側ねじれをきつくしていることになります。

椅子に座っている時はどうでしょうか?

無意識に膝を内側に向けて座っていたりすると、これもまた内股になります。

もちろん、両膝を片方に傾けて座っていても片方の股関節の内側ねじれがきっくなります。

片方の坐骨に体重がかかった座り方をすると、じわじわと骨盤が歪んできます。
この骨盤の歪みが股関節の左右差を産み、O脚になることもあります。

 

それから!

片方の後ろポケットに財布や携帯電話などを入れて座ったりしませんか?
もしもそうなら、片方の坐骨の位置が前方にずれて骨盤が歪んできます。

たったそれだけで~?と思われるかもしれませんが、そうなんです。

骨って案外アッサリズレちゃうんですよ。

 

▼立ち方

片方の足に体重をかけた立ち方(いわゆる休めの姿勢)をすると、片方の足の小指側に重心がかかるため、足が内反して脚が外側に傾きます、

実は、O脚の人に多い立ち方だそうで、私も整体の先生に最初に指摘されました。

脚の左右のねじれ差が、きつく骨盤が前後に歪んでいると、この姿勢が楽なのでどうしても左右交互に足をかえて片足に体重をかけた立ち方になってしまうそうです。

O脚による左右の脚のねじれを少なくして、足の土台を安定させれば、両方の足に均等に体重をかけやすくなるので毎日心がけています。

 

▼脚を交差させた立ち方

椅子に座るときに脚を組むのもよくありませんが、立った時に両脚を交差した立ち方をするのもよくないそうです。

大転子が横に広がりやすくなるんですって。

骨盤が広く、もともと大転子が出ている人がこの立ち方をしますと余計にきつくなるそうですよ。

 

▼両足を内反させた立ち方

これは、O脚の人に多い立ち方です。

O脚で脚のすねが張っていて重だるいと、違和感を減らすためにどうしてもこの筋肉を伸ばしたくなるのだそうです。

足を内反させると、この筋肉が伸びて心地よいのでこの体勢をとりたくなるというわけですね。

なんとなく、わかります(笑)

この立ち方は内反をきつくさせ、膝下の骨の外側へ傾斜を大きくするので注意です。

 

▼足先を内側に向けた立ち方

この立ち方は、内股の人にとって体重をかけながら股関節を内側にねじることになりますので良くありません。

かわいくないよー変だよーと若者のインスタを見て思っています

 

▼足先を外側に向けた立ち方

両方の足先を外側に向ける立ち方です。

がに股の人にとっては、体重をかけながら股関節を外側にねじることになりますので良くありません。

O脚さんの靴選び

3,5cm以上のハイヒールを良く履く人は、骨盤が前傾し、股関節も後方にずれます。その際、股関節が内側にねじれやすいので良くありません。

正しい歩き方を習得しているのなら別ですが。。。

 

▼○脚の原因共通タイプ

⓵足のアーチの崩れ
足のアーチは加齢とともに崩れやすくなるといわれています。

しかし、今は年代の若い人にも多く見受けられます。

例えば、長時間の立ち仕事をされる人。

同一姿勢で10時間も立っていると、足のアーチが崩れてしまうのです。

長距離マラソンの直後も足のアーチが崩れているのですが、休養すればアーチが復帰します。

ただ、足を酷使し続けると、足のアーチが崩れたままで形状記憶します。
するとどうなるでしょう?

正解はm足のアーチは横から崩れて、内側や外側の縦アーチが崩れます。

横のアーチが崩れるだけでも土台が不安定ですが、縦アーチが崩れると脚の外側への傾きがきっくなります。

外反母趾をはじめ.内反小趾.偏平足などがそうです.

 

 

 

②合わない靴を履き続けているのが原因。

実は意外と気づいていないのですが、自分の足に合う靴を履いていない人が大半です。

合わない靴を履き続けてきたためにO脚がきつくなった人は多くいらっしゃるそうです。

あなたはどうでしようか?
かかとの部分をチェックしてみてください。
かかとの部分がしっかり固定されていますか?

もしも.かかとが固定されていずに靴の中で足が泳ぐとすれば.足の土台が崩れやすくなります.

③靴底がすり減った靴を履き続けている

あなたが履いている靴底をチェックしてみてください。
左右の靴を比べてみてどうでしようか?

特定箇所がすり減っているようでしたら、この靴を履き続けることで足の歪みがきつくなります。

例えお気に入りでも処分しましょう。

が内反している人は靴底の後ろ、外側のすり減りが目立ちます。

このタイプの人がこのすり減った靴を履き続けると、ますます内反がきっくなります。

 

O脚の原因まとめ

いかがでしたでしょうか?

このようにみていくと、意外と日常生活でO脚にさせられる原因が明確になってきますね。でも癖を見直して治せばよいだけだから、そんなにつらい肯定ではないと思いますよ